高気密・高断熱の住まいづくりセミナー 開催されます!

↓↓ぽーさんのおすすめリンク↓↓

どうも~! ぽーさんで~っす♪♪

今回、高気密・高断熱の住まいづくりセミナーが開催されます。

高気密・高断熱の住まいづくりセミナー

我が国の住宅の性能は、先進国で最低の水準です。
ほとんどの先進国では省エネ基準への適合が義務なのに、我が国には適合義務がありません。また省エネ基準自体が、先進国や中国などに比べても非常に緩い水準になっています。つまり、他先進国に比べて、日本の住宅は低気密・低断熱の住宅が多いのです。

日本の住宅の窓の断熱性能は、他先進国に比べて極めて低いため、夏は暑く、冬は寒い住まいとなっています。低気密・低断熱の家に住むことは健康に大きなリスクを伴います。住宅内の急激な温度変化により身体が受ける影響のことをヒートショックといいます。

例えば、暖かいリビングから、寒い脱衣室、浴室、トイレなど温度差の大きいところに移動するとカラダが温度変化にさらわれて血圧が急変するため、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすおそれがあります。ヒートショックが原因としてみられる死者数は、交通事故死の5倍にも上るというデータもあります。

我が国では、冬に結露が生じるのが当たり前ですが、欧米の住宅では、結露が生じると建築業者は責任を問われ、修繕しなければならない国が多いのです。高気密・高断熱の住宅は、結露が生じにくいため、カビ・ダニが発生しにくく、喘息・アレルギーなどのリスクが低減されます。

慶應義塾大学理工学部の伊香賀研究室が高断熱住宅に転居した方を対象に、睡眠効率などに関する調査を行ったところ、高気密・高断熱住宅に転居した調査対象者の約7割の方の睡眠効率が上昇しています。

高気密・高断熱の家は、室内の壁面の温度が外気の影響を受けにくいため、体感温度と室温が近くなります。つまり、低気密・低断熱の家に比べて、夏は冷房温度を高く設定しても快適だし、冬の暖房温度を低く設定しても暖かいということです。また、エアコンの風が穏やかになるので、とても快適になります。一般的な性能の住宅の建築費に概ね100~200万円程度追加するとかなりの高気密・高断熱住宅にすることができます。

一方、冷暖房に掛かる光熱費が安くなるため、住宅ローンの支払い増加額よりも光熱費の削減額の方が大きいので、お得になるケースの方が多いです。家を建てる際には、家の燃費性能を意識しながら仕様を決めることが大切です。

 

家を建てる前に絶対に知っておきたい、気密・断熱性能についてわかりやすく学べる無料セミナーが以下にて開催されます。

開催日:2019年2月17日(日) 13:30~15:30
場所:東急セミナーBE たまプラーザ校(たまプラーザ駅直結)
定員:定員16名

「高性能な住まいの相談室」では、専門家の立場で厳選した本当に信頼できる高性能なハウスメーカー・工務店を無料でご紹介するサービスを行っています。

みなさん、高気密・高断熱の住まいづくりセミナー、参加してみてはいかがでしょうか?

高気密・高断熱の住まいづくりセミナー

 

 

実は私、コエタスというサイトを使っていて、
この紹介をブログにUPするだけでポイントがもらえます。
私の他のレビューも見られますので、良かったらコエタス見てみてください。

コエタスのページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ポイント生活順調ですっ♪どうも~!ぽーさんで~っす♪♪ 30代男性、栃木県さくら市在住。おトクな事が好きで、毎日おトク情報を探しています。そして毎日気ままにポイントをためています。学生時代に病気になり挫折。今は復帰し地元の企業で働いています。最近卓球を始め、夢中で練習中です。食べ歩きが好きで、新しいお店に行ったりと飲食店巡りをしています。ゲームが好きで、スマホゲームをたまにします。 このサイトではお得情報や商品を使ったレビュー、商品紹介などを発信していきたいと思います。 毎日12時お昼に更新しています♪たまにカワちゃんが顔を出します(^^) 連絡先はこちらinfo.po.san@gmail.com