Amazonをよく利用する私が使うクレジットカード「Amazonクラシック」 よりお得な使い方とは!?

↓↓ぽーさんのおすすめリンク↓↓

こんにちは。ぽーさんです。

私はネットショッピングでよくAmazonを利用します。その際、「Amazonギフト券」とクレジットカードの「Amazonクラシック」で支払っています。

Amazonギフト券

Amazonギフト券とはその名の通り、Amazonで使えるギフト券です。コンビニなどで購入することができます。

また、購入しなくても入手することはできます。それはポイントサイトのポイントをAmazonギフト券に交換する方法です。

私はポイントサイトでポイントをためて、そのポイントをAmazonギフト券に交換して使っています。

ポイントサイトではAmazonギフト券に交換できるサイトが結構多いです。

Amazonクラシック

Amazonクラシックは初年度年会費無料、1年間に1度でも使えば翌年の年会費も無料になるクレジットカードです。Amazonで利用するとプライム会員の場合、1会計ごとに2%のポイントが還元されます。(プライム会員でない場合は1.5%還元)

Amazon以外で使う場合の還元率は1%です。1会計ごとではなく、1カ月の支払い総額の1%還元となっています。この点、良いカードだと思います。

AmazonクラシックはROUNDUP!

Amazonクラシックの2%ポイント還元はExcel関数のROUNDUP(切り上げ)で考えられています。Excelをさわったことのある方は分かるかもしれません。

例えば、100円をAmazonクラシックで支払う場合、2%の2pts(2円分)が還元されます。また、101円を支払う場合には、3pts(3円分)還元されます。1円多いだけで1pt(1円分)多く還元されるんです。これが「切り上げ」です。

例1 1000円を支払うより1001円を支払うほうが1円お得。

1000円の支払い→20pts獲得(2%)

1001円の支払い→21pts獲得(2%切り上げ)

下のほうが1円多く払うが1円分多くポイントを獲得できるので1円高い買い物ができて得です。

例2 1050円を支払うより1051円を支払うほうが1円お得。

1050円の支払い→21pts獲得(2%)

1051円の支払い→22pts獲得(2%切り上げ)

こちらも同じく下のほうが1円多く払うが1円分多くポイントを獲得できるので1円高い買い物ができて得です。

つまり、下2桁が00円、50円の支払いをするよりも下2桁が01円、51円の支払いをするほうが得になります。

そんな「ちょうどお得な支払い金額になる訳がないだろう」と思いますよね。しかし、

Amazonギフト券を使えば可能なんです。

Amazonギフト券は1円単位で支払い額を設定することができます。なので、

「Amazonクラシック」と「Amazoギフト券」を組み合わせて、Amazonクラシックの支払い額の下2桁を01円や51円に設定することが可能です。

例3 総額1100円の支払いの場合

Amazonギフト券100円+Amazonクラシック1000円よりも

Amazonギフト券99円+Amazonクラシック1001円の方がAmazonギフト券の利用を1円安くでき、

例1と同じく、Amazonクラシックの支払いが1円多いが1円分多くポイントを獲得できるので1円高い買い物ができて得です。

 

と、ながながと説明してきましたが、結論は

Amazonギフト券を併用して、Amazonクラシックでの支払い額の下2桁が00円、50円にならないようにしましょう。

ということです。

まとめ

Amazonクラシック、Amazonで使えば2%還元(プライム会員の場合)される高還元率のカードですが、使い方を工夫すればさらにお得に使うことができるというお話でした。

皆さんの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ポイント生活順調ですっ♪どうも~!ぽーさんで~っす♪♪ 30代男性、栃木県さくら市在住。おトクな事が好きで、毎日おトク情報を探しています。そして毎日気ままにポイントをためています。学生時代に病気になり挫折。今は復帰し地元の企業で働いています。最近卓球を始め、夢中で練習中です。食べ歩きが好きで、新しいお店に行ったりと飲食店巡りをしています。ゲームが好きで、スマホゲームをたまにします。 このサイトではお得情報や商品を使ったレビュー、商品紹介などを発信していきたいと思います。 毎日12時お昼に更新しています♪たまにカワちゃんが顔を出します(^^) 連絡先はこちらinfo.po.san@gmail.com