初心者にも見て欲しい!”お絵描きロジック”で背理法を使おう!~”ぽーさん流”の解き方~

↓↓ぽーさんのおすすめリンク↓↓

ポイント生活順調ですっ♪ どうも~!ぽーさんで~っす♪

ぽーさんはポイントを集めていますが、パズルゲームもするんです。

今回は「お絵描きロジック」についてです。

お絵描きロジックとは?

お絵描きロジックとは碁盤の様なマス目に上と左に書かれた数字をヒントにすべてのマス目を塗るか塗らないかを決めるパズルゲームです。塗らないところには×を書きます。

マス目の決め方はあてずっぽうに決めるのではなく、論理的に考えて決めていきます。なので、「ロジック」という名前がついています。ピクロス(ピクチャークロス)とも呼ばれています。

全て決まると絵が浮かび上がってきます。下の画像は「ゆみや」です。

基本的な解き方

基本的な解き方は以下の様になります。

  • 数字は連続して塗るマスを表す
  • 数字と数字の間は1マス以上空ける

 

横の行にAという数字があった場合

  • 左からA番目の所と右からA番目の所の重なった所が塗れる

 

本などに紹介されている基本的な解き方はこれくらい。あとは論理的に考えてマス目を決めていきます。

お絵描きロジックの面白い点

お絵描きロジックはどのように考えて解いても問題はありません。論理的に考えて確実に塗る所、確実に塗らない所を決めていきます。そこがこのお絵描きロジックの面白い点です。塗らない所を決めると塗る所も分かるようになります。なので、塗らない所に×を書くのも重要なんです。

論理的に考えて塗っていくと、最終的に縦と横のつじつまが合うんです。そして絵が完成します。絵の苦手なぽーさんは何だか自分で絵を描いたような気にもなり、完成した時の達成感は何物にも代えられません(^^)

お絵描きロジックで背理法(仮定法)を使おう!

ぽーさんはお絵描きロジックで「背理法(仮定法)」をよく使います。背理法とは何か?

簡単に説明してみます。

「Aという事象が正しいと仮定します。そして、論理を進めていくと矛盾が生じます。あれ?なんでおかしいんだろう?あっ!最初にAが正しいと決めたのが悪かったんだ!つまり、Aじゃないんだ!」

という考え方です。

お絵描きロジックは「塗る」「塗らない」の2つの事象しかありませんから、

  • 塗ると仮定して矛盾が生じたら、そこは塗らない
  • 塗らないと仮定して矛盾が生じたら、そこは塗る

となります。

ぽーさんが過去に説いたお絵描きロジックをご紹介!

ぽーさんはパクロスというWeb上でお絵描きロジックが解けるサイトを使っていました。解くとポイントが貯まり、懸賞に応募できるサイトです。

今は、Nintendo Switchや3DSで解いて遊んでいます。

ぽーさんが過去にパクロスのサイトで解いてYouTubeにUPした動画を紹介します。

暇な時にでも見てみてください。どんな感じかがつかめるかと思います。

解いた画像も少し紹介します。カラーのロジックもあるんですよ(^^)

アニメのキャラクターが多いんですよね(^^)

最後に

背理法は確か高校2年生の数学で習った気がします。その頃からぽーさんはお絵描きロジックにはまっています。

考え方次第で色々解き易くなります。パズルゲームも時間短縮!おトクな方法で解きましょう!

 

ぽーさん「こういった根気のいる作業、好きなんだよなぁ(ぼそっ)」

ぽーさんはパズルが大好きなのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ポイント生活順調ですっ♪どうも~!ぽーさんで~っす♪♪ 30代男性、栃木県さくら市在住。おトクな事が好きで、毎日おトク情報を探しています。そして毎日気ままにポイントをためています。学生時代に病気になり挫折。今は復帰し地元の企業で働いています。最近卓球を始め、夢中で練習中です。食べ歩きが好きで、新しいお店に行ったりと飲食店巡りをしています。ゲームが好きで、スマホゲームをたまにします。 このサイトではお得情報や商品を使ったレビュー、商品紹介などを発信していきたいと思います。 毎日12時お昼に更新しています♪たまにカワちゃんが顔を出します(^^) 連絡先はこちらinfo.po.san@gmail.com